漆の芸術祭へ向けて



さていよいよ夏休みが始まります!
チュートリアル「東北画は可能か?」は学園祭と漆の芸術祭へ向けての制作が本格的に始動しました!
共同制作のテーマは「妖怪」。福島県立博物館の学芸員さんから送っていただいた民話を読み込んだり、ミーティングを重ねながら思いを深めています。

DSC_0097.jpg

そして漆職人さんとのコラボレーションも実現します。
エクスカーションでもお世話になった木地師の三浦さんが探していただいた木口は、なんと昭和57、58年の新聞紙にくるまれていたもの。
30年前の製材で、大きさからすると樹齢200年ぐらいの栃の木だそうです。
1800年頃に会津で生まれた木と、2012年の私たちが作る漆のオブジェがこの秋、会津で出会います。

展示場所は喜多方の古い古い旧郷頭の屋敷になりそうです。
ぜひ今年も会津、喜多方まで御越し下さい!

「会津・漆の芸術祭2012 〜地の記憶 未来へ〜」
2012.10.6-11.23 @会津若松市、喜多方市
http://www.aizu-artfest.gr.fks.ed.jp/

コメント

非公開コメント

最新記事
twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク