FC2ブログ

ニュートロンでの展示4



吹き抜けから3階を見上げるとなにやら作品が見えます。上がってみましょう。

3F-1.jpg

3階は自然光溢れる天上の空間。

3F-2.jpg

多田さやかの大作を見下ろします。

3F-7.jpg

3F-4.jpg


2階から見えていたのはイベント番長サイトウケイスケの作品群でした。
ドローイングの破片からオブジェにいたるまで、サイトウケイスケのポジティブな波動に溢れる空間になっています。

3F-5.jpg

一番奥の部屋にはあるがあくと三瀬夏之介の作品があります。
光に包まれるなか、すべてはドットに還元されていきます。

3F-3.jpg

振り返るとそこには藤原泰佑と塩澤清志の小作品が並びます。
塩澤は舟とモチーフとし、フォルムの意味と無意味の境界を探っています。

3F-6.jpg

最後は多田由美子のブック形式の作品です。
美術小説という言葉とドローイングが重なり重層的なイメージを奏でます。

これで3フロワーあるニュートロンでの展示のすべてです。
撮影はすべて廣瀬育子さんです。素晴らしい画像をありがとうございました。

今年もまた開催を目指して動きつつあります。
「東北」の枠に捉えきれない多面的な作り手の姿を表現していきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします!

コメント

非公開コメント

最新記事
twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク